マンションが古くなったら外壁塗装をしよう

一軒家

大切な我が家を守るために

刷毛

建物を保護する役目

一戸建て住宅を購入して5年以上経つと、そろそろ外観の汚れが気になったり、小さなキズやヒビ割れが目についたりといった例が増えてきます。それでも、まだリフォームするほどではないと放置する人は少なくないですが、実はこの状態はかなり外壁の傷みが進行している可能性があるのです。一戸建て住宅を購入した時、どの住宅も外壁塗装が施されています。この外壁塗装は、住宅の外観を美しくするだけのものではなく、一番の目的は建物自体を保護するものなのです。外壁塗装の塗料には、雨や風、汚れた大気といった住宅を侵す外敵から建物を守るための「防水性」や「防汚性」等の効果が含まれています。そうした外壁塗装のおかげで建物内部に雨水や汚染物質の侵入は抑えられていますが、ただしその効果は永久ではなく、時間が経つにつれ耐久性が衰えてしまうのです。外壁の汚れや小さなキズ、ヒビ割れは、外壁塗装の衰えのサインです。これを放置すると雨水等が建物内部に侵入し、やがて柱や床等の基礎部分が腐食し始め、それによりシロアリが繁殖して建物が崩壊してしまう可能性が高くなります。外壁塗装の傷みのサインは、先にあげた汚れや小さなキズ、ヒビ割れの他、日陰の場所やベランダ等の水回りがある場所に黒カビが生えていたり、外壁を触ると白い粉がついたりといったものがあげられます。これらが確認できたら、なるべく早く外壁塗装リフォームを考えることが大切です。なお、リフォームを依頼するにも、どの業者に頼めばよいのか悩む人も多いとされます。そのため、必ず複数の業者に見積りを依頼し回答を得ることが良いでしょう。こうすることで業者の比較ができ、条件にピッタリ合う業者に出会えます。